Posted by nobman on

5αリアクターゼを抑制できる育毛成分とは?

5αリアクターゼを抑制できる育毛成分とは?

薄毛や抜け毛で悩んでいる場合には育毛剤を使用するのが効果的といわれていますが、現在国内では様々な育毛剤が販売されておりどれが効果が高いのか分かり難い状況であると言えます。中には良いことばかりを大々的に宣伝している育毛剤もありますが、育毛剤の中で最も効果があるのはやはり抜け毛の原因となる5αリアクターゼを抑制できる成分が配合されているものだといえるでしょう。抜け毛や薄毛で悩んでいる人の場合、その多くが男性型脱毛症のAGAで薄毛になっている場合が多く、それを食い止めることが出来るかどうかが重要となります。AGAは男性ホルモンのテストステロンと5αリアクターゼが結びつくことでジヒドロテストステロンを生み出し、抜け毛を促進させてしまうことが問題なので、この2つの結びつきを阻害できるものが効果が高い成分となります。育毛剤の成分としてはノコギリヤシやヒオウギエキスが有名で効果も高い成分となっています。ノコギリヤシとヒオウギエキスには5αリアクターゼの活動を抑制できる効果があるため、配合されている育毛剤を使用し続けるとジヒドロテストステロンを生成させなく出来るため、抜け毛が減り薄毛を食い止めることが出来ます。医薬品ではフィナステリドがこれと同じ効果がある成分であり、育毛剤としてはプロペシアやフィンペシアがフィナステリドを配合したものとなります。ノコギリヤシやヒオウギエキスとフィナステリドの違いとしては、フィナステリドは医薬品であり医師の処方が無ければ入手できない成分であるため育毛剤としての効果も最も高いものとなります。しかし医師の処方が必要になるということはそれだけリスクも高いことを意味しているので、誰でも使用できる育毛剤ではありませんし、金額面でも大きな負担となります。ノコギリヤシやヒオウギエキスは一般的な育毛剤に配合されている代表的な成分なので、医師の処方は必要ありませんし誰でも使用できる成分となります。しかし効き目に関してはフィナステリドよりは落ちますので、抜け毛を食い止める効果があるといっても過度な期待は禁物だと言えます。基本的に育毛剤は今ある髪の毛を維持し育てるものですので、発毛できるわけではなくあくまでも現状維持を継続できるものであると考える必要があります。5αリアクターゼを抑制できればAGAは食い止めることが出来ますので、まずは現状維持を考えノコギリヤシなどの成分が入った育毛剤を私用してみると良いでしょう。

参考:発毛剤ランキング(成分表あり)