【評判】クラウドクレジットは10%以上の高利回り!?魅力を徹底調査!

【評判】クラウドクレジットは10%以上の高利回り!?魅力を徹底調査!

■クラウドクレジットとは?

 

クラウドクレジットとは、それを提供している会社名であり、当時に同社が募っている投資サービスの名称でもあります。
いわゆるソーシャルレンディングの一種で、投資先が海外に特化しているのが特徴です。海外でお金を必要としている各プロジェクトに対して投資を行い、実績に応じた利回りを得るという投資スタイルになります。
簡単に表現すると、投資信託のようなものだとも言えますが、実際の投資先の国を自分で決められる点と、海外の言わば未開とも表現できるプロジェクトへの投資が多くを占める為、その成果によってはかなりの高利回りが期待できる点が話題になっています。
関連サイト→→【評判】クラウドクレジットに投資はちょっと待て!実績とリスク解説

 

■どれくらいの利回りが期待できる?

 

クラウドクレジットのこれまでの実績では、13.2%が期待できるとして募集したプロジェクトで、実績として28%以上もの利回りが出たという実例があります。これは極端な例としても、それくらい高利回りが期待できるプロジェクトが多いのがクラウドクレジットです。
実際に募集しているとプロジェクトを見ても、利回りが10%以下というプロジェクトの方が少ないくらいで、投資意欲を掻き立てられるのは間違いありません。
しかしながら、投資にはリスクもつきまとうのは当然で、期待に沿わない結果となってしまうこともあります。どのプロジェクトでも必ず高利回りが期待できるいう訳ではないので、過度な期待は禁物です。必ず利回りの数字以上の還元が行われるとは限りません。

 

■クラウドクレジットに多いプロジェクトとその理由

 

高利回りばかりが話題のクラウドクレジットですが、扱っているプロジェクトの多くが不動産関連だという特徴があります。
クラウドクレジットでの投資先の国はペルーやリトアニア、カメルーンなど南米やアフリカといった経済的に先進国とは言えない国が中心で、だからこそ投資を求めている訳ですが、不動産関連のプロジェクトがほとんどなのは、日本人の投資家にとって安心感が高いからです。
日本では比較的堅い投資を求めるのなら、土地や不動産関連を選ぶのが一番だという一種の信仰があると言っていいでしょう。若年層の投資家の間では、外貨取引や話題の仮想通貨などの値動きの激しい投資先に人気が集まっていますが、それは少ない投資であわよくば大きなリターンが狙えるというそれらの特性からです。

 

それに対してソーシャルレンディングのような大きな投資金額で利回りを得るという投資方法は、どちらかと言えば既にある程度の財産を築いている人向けの投資だと言うことができます。
一獲千金の期待こそありませんが、投資金額に応じたバックを確実に(便宜上です)得るというスタイルの投資になる為、対象の年齢層もある程度以上になりそうです。
そして、そのような年齢層の人ほど、上記に挙げたような不動産信仰の度合いが強いと言うことができます。こういった理由から、クラウドクレジットに興味を持って投資をする投資家層向けに不動産関連のプロジェクトが多くなっているのです。

 

■できる限り回収が行われるのが特徴です

 

クラウドクレジットでは、プロジェクトに集まったお金をクラウドクレジット(会社として)が貸付という形で海外に色々な案件に資金提供するシステムです。
貸付というスタイルなの、できる限り回収を行ってもらえるのが特徴で、例え一時的にマイマス収支になってしまっても、後からその分の回収が進めばきちんと補填される仕組みになっています
このスタイルで行われていることから、投資先で成果が出なければ普通にマイマスという結果では終わらないのがクラウドクレジットだと言えるでしょう。一見の利回りの高さだけでなく、可能な限り元本の回収や利益の追求を行っていることも、クラウドクレジットがとても人気になっている理由なのです。

 

■長期向けの投資だと言っていいでしょう

 

クラウドクレジットへの投資の清算は月単位で行われますが、その収支がマイナスになってしまうことも実はそれほど珍しくありません。そのプロジェクト自体が破綻でもしてしまわない限りはいわゆる貸し倒れになってしまうことはありませんが、高利回りどころか、逆に損をしてしまうことも当然考えられます。
これは投資という性質上、避けられないリスクです。元本保証の一切ない投資の世界では、どれだけ高利回りをうたっていたとしても、このようなことは普通に起きてしまいます。
ただし、クラウドクレジットでは上記のように可能な限り回収が行われる仕組みになっていることから、年単位で見た場合、これまでの実績ではかなり高い確率で元本以上の還元が行われています。
その為、投資したプロジェクトでいきなりマイナスが出てしまい、慌てて徹底をするようなタイプの人にはあまり向いていないと言っていいかも知れません。現状を見る限り、少なくとも同一プロジェクトで1年は様子を見るくらいの長期的な構えで投資ができる人向けの投資サービスだと言えるでしょう。


これから投資を始めるなら、クラウドクレジット

少子高齢化の影響によって、今の年金制度も近い将来崩壊すると言われています。今までこつこつと支払っていた年金がもらえなくなるかもしれない、という不安感もあります。また、人手不足や高齢化が更に進むことによって、医療費や介護費用も更に高額化する事も予想されています。
これらを踏まえて、老後の資金の為に資産運用を考える若年層も多くなりました。
資産運用の方法はたくさんありますが、代表的なのが投資です。多くの投資を手掛ける企業や商品がリリースされていますが、初心者はどの投資を行えばよいのか、リスクを最小限に抑えながら投資を行うにはどうしたらよいのか、確実な資産運用はどのようにすればよいのか、と考える事も少なくありません。
これから投資を始めてみたい、という方から、今既に何らかの資産運用を行っていて、更に何か新しい資産運用を始めたい、という方まで今話題となっているのが「クラウドクレジット」です。

 

クラウドクレジットとは、個人投資家向けに投資機会を紹介しているソーシャルレンディング企業のひとつです。ソーシャルレンディングとは、お金を借りたい人と投資をしたい人を結びつけるサービスのことで、投資の中ではミドルリスク・ミドルリターンになっています。
少額での投資も可能、更に債権や預金よりも利率が良いです。それに、株式と違って市場の動向にも左右されないので、自分の資産に合わせて安定した投資も可能です。余った資金を上手に運用したい人や、これから初めて投資を行いたい人からも注目されているサービスです。
そして、クラウドクレジットが従来のソーシャルレンディング会社と異なるのが、日本では公開されていない新しい投資機会を個人投資家向けに紹介できるということです。
従来の投資会社で扱っている投資機会と言えば、日本国内のベンチャーや新規事業、海外でもメジャーな不動産や事業に対してでした。
これに対して、クラウドクレジットが紹介する投資機会とは、海外のローンに対してです。アメリカやヨーロッパ、オーストラリアなどの事業者ローン、延滞しているローンなどを、投資機会として紹介しています。

 

海外のローン、しかも延滞しているローンへの投資はリスクしかないのではないか、回収できないのではないか、と不安になる人も多いですが、クラウドクレジットは、投資機会の現地にいる回収実績のあるソーシャルレンディング業者やサービサーと提携をしています。
実績のある業者と手を組むことによって、リスクを細分化して個人投資家にローンへの投資を紹介しています。
そして、ローンに対して個人投資家が投資を行うことによって、ローンを利用している事業者や個人消費者を応援することもできます。
個人投資家のローンへの投資は、ローン利用者へ資金として提供されますので、新しい事業を始めたい人や、生活が苦しい人など、色々な理由でローンを利用している人を投資という形で応援する事ができるのです。
今までも海外の発展途上国に向けた支援型の投資機会はたくさんありましたが、クラウドクレジットのローンへの投資は、より距離の近い事業者や個人への応援ができる投資となっているのです。

 

次に、クラウドクレジットのメリットについて見てみましょう。ひとつは、投資やソーシャルレンディング初心者でも、気軽に始められるという点です。クラウドクレジットのサイトからユーザー登録を行い、マイページを開設した後、投資家としての登録を行います。
後日送られてくる本人確認書類を受け取って、投資家のアカウントを有効化すれば、その日から投資が可能です。今後のソーシャルレンディングは、マイページを通じて行いますので、いつでも気軽に自分の投資状況や利率などを知る事ができます。

 

次に、投資に関する専門知識と技術を持つスタッフがサポートしてくれることです。クラウドクレジットのサイトには、随時専門スタッフがソーシャルレンディング入門講座などの読みやすいブログの記事をアップしています。困ったことや分からないことも、SNSを見る感覚で知識として得られます。
最後に、随時ソーシャルレンディングに関する各種セミナーも開催している事です。投資の初心者はもちろん、資産運用の方法で悩んでる人や、ソーシャルレンディングを有効に進めたい人など、ニーズに応じてセミナーに参加できますので、初心者から上級者まで、投資の専門家からの講義を受ける事ができます。
ここまで、クラウドクレジットの特徴と、メリットについて説明しました。従来の投資に比べてミドルリスクミドルリターンであり、市場に影響されず利率も良いので、近年人気が出てきていますが、投資元が倒産してしまったり、元本保証がないなどのデメリットもあります。
余った資産の運用に活用するなど、上手な使い方をすれば、クラウドクレジットは有効な資産運用の手段となり、老後資金の貯蓄など活用の幅も広がります。